新型「ハスラー」

こんばんは、社長の高藤です。

グッと気温が下がってきましたね。

寒ー。

さて、ついにワゴンとSUVを組み合わせたクロスオーバー軽自動車、ハスラーが2019年12月にフルモデルチェンジすることが決定したのでご案内します。

現行モデルの登場が2013年12月24日だから、6年ぶりの世代交代になります。

2019年10月24日より開催される「第46回東京モーターショー」に、ハスラーコンセプトが参考出品され、市販型はほぼこのままの姿でデビューするようです。

新型ハスラーは現行モデルを色濃く踏襲しながら、中身を大幅にレベルアップしています。

種類(グレード)は大きく分けて2種類に絞られました。

この度の「ハスラー」ジムニーに続いて売れそうですね。

ジムニーの4ドアを熱望する声を様々な場面で耳にしますが、この度の「ハスラー」は、そういった方のニーズに応えられるのではないでしょうか。

スズキが売れている理由の一つが、旬な色を抑えたカラーバリエーションだと思います。

デザインや機能以外で、大きく購買意欲を掻き立てられるのがカラーではないでしょうか。

近年のスズキのカラーバリエーションはかなり良いです。

そして、内装。

遊び心と一言で言ってしまうとそれまでですが。

おもちゃのような内装は、私のようなおじ様には少々理解できませんが。。

しかし若い方や女性の方々にはどう映るのかが楽しみですね。

受注が追いつかないほど人気が出ると、ジムニーの時のように1年待ちとか。。。そういうのはもう何とかしてほしいものですけどね。

 

今週は、とある青年経済団体の例会なるモノへ参加してまいりました。

緊張感のあるとても良い会でした。

目的は、そこではなく

ゲスト公演の話を聞きに参ったのです。

北極冒険家の荻田康永氏の壮大な冒険の話を聞きに行ってきました。

南極と北極は何が違うのか?

そんな話からスタート。

冒険を始めたきっかけや、北極に拘る理由。

冒険を通して社会に何が伝えられるのか?

自分の使命感など聞くことが出来ました。

何歳になっても夢を持ち続け、挑戦し続ける荻田氏の話を聞く事が出来、有意義な時間でした。

今年ももう1ヶ月と半分。

走り抜けましょう!

 

 

 

 

関連記事

新春の
2020年始まりました。
2019年仕事納め
毎年恒例の行事です。
マナー
リサイクルカー
冬支度
大好きなランクル70の話