個人向けリース「フラット7」ってなに?

こんにちは。社長の高藤です。

即位礼正殿の儀が無事に執り行われ、新しい元号「令和」の時代です。

 

目で見て何も変わりませんが、今まで以上に大きく変わっていいくのでしょうね。

自動車業界も数年前と比べると本当に大きく変わってきました。

残価設定型クレジットなどという新しい買い方からはじまり

格安レンタカーの普及、個人向けリース、カーシェアなど

今では車を持たないなんて発想にまで行き着いてしまいました。

 

さぁどーする。

自動車業界。

 

さて、そんな時代。

 

個人向けリース「フラット7」なる商品を1昨年ほど前から取り扱いを開始しました。

 

個人向けリース?

 

そうです個人の方のみにお使いいただけるリースです。

 

従来、リースというのは企業や会社(法人)のみ利用できる、高額な備品、道具(パソコン、複合機プリンター、営業車など)業種によって様々モノを購入する手段の一つでした。

では何故、今までこれが個人向けには無かったか?

といいますと

簡単に言いますと、リースというのは持ち主に手間の無いよう、第3者が、管理、お世話をする商品なのです。

価格的な話を言いますと

決してお徳ではないからです。

そこで出来たのが、「フラット7」です。

全ての新車の軽自動車がご購入になれます。

 

簡単にご説明しますと、7年間のローンを組むわけなんですが、新車価格から7年後の査定額を差し引いた価格でローンを組みます。

※値引きを額から、7年後の査定額を差し引くのでよりお徳です。

プラス2回の車検費用と自動車税をまとめて、月額定額でお支払いする。

リースの1番の利点は、安定的に定額支払いできる事です。

個人向けリースの最大の利点は、低額を毎月定額支払いできる事。

会社(法人)向けのリースとの大きな違いは、確実にお徳だということです!

所有期間の手間が無くお徳に、新車に乗っていただける。

7年間安心して車に乗っていただけるという事。

 

新車まではちょっと。。

新車買った事ない。。

リースだから傷つけたり、ぶつけたりするかも。。心配な方

そんな都合の良い買い方が出来るわけない。うさんくさいわ~

そんな方、1度話だけでも聞いてみてください。

 

なるほど

 

そう思っていただけると思います。

 

車を買うという事、改めて考えるキッカケにはなるはずです。

 

 

そんな今週も経営者の勉強会参加してきました。

様々な業種のそれぞれの経営者の方々から本当に沢山の事を学びます。

 

私たちのような、街の中小企業は今後どうしていくべきなのか。

社員とどう力を合わせてどう進んでいくべきなのか?

まだまだやらないといけないことも学ぶことは沢山あります。

さぁ、また来週も皆様のお越しをお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

つかの間の
はじまりました。
明けましておめでとうございます。
ニーズ
あれやこれや。
買取と下取りって違うの?
ドライブレコーダーのSDカードって消耗品って知ってました?
月々1万円~のカーリースは本当にお得なの?