リサイクルカー

こんにちは社長の高藤です。

朝、晩とグッと冷え込んできましたね。

今年は雪が降りますかね。

さて、弊社は主に中古車を全般的に販売しているのですが

ずいぶん前から拘って販売している中古車があります。

それは、「リサイクル」カーです。

と言ってもこの中古車業界にそんな呼び方の中古車はありません。

僕が勝手にそう言っているだけなんですが。

簡単にお話しすると、事故した常態の車を仕入れて、復元(再生?)させ、従来の市場価格より安価で販売するというモノ。

世間では「事故車」なんて言われたりしていますが

違います。

うちのは「リサイクルカー」なんです。

弊社の「リサイクルカー」が何故、他と違うと言いますと

自社で販売する事を目的に再生(修理、復元)させるところです。

しっかり、丁寧に。

修復した車だという不安を取り除くには、どれくらい破損だったモノを、誰が、どこで、どのように直したのか?

ここが明確にお話出来るので、たいていのお客様は安心してくださいます。

ただ一つ言うと、この「リサイクルカー」は軽貨物車(軽トラ、軽箱バン)に限ります。

何故なら、用途が道具だから。

だから、より安価で良質のモノを求められているのだと思います。

古くてボロくて、思っているよりも値段が高いのがこの種の軽貨物車市場です。

直してあることをご理解頂き、より新しくより綺麗な車が従来価格よりも安く買えるなら、あなたならどちらを選びますか?

先週末の日本海新聞に掲載されていました。

ドライブレコーダー、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、購入取り付け助成金。

だそうです。

申し訳ないけど、行政の「旬の問題、ちゃんと対策してます感」満載の助成金。

まぁ、あまり言わないでおきましょう。

日曜日は倉吉で経営者の勉強会に参加して、頭の固さを再確認。

今年ももうすぐ終わりだというのに、今年始めての宇倍神社。

いつもお世話になっています。

今年も残りわずか。

「猪突猛進」ラストすパート!

 

 

 

関連記事

新春の
2019年仕事納め
毎年恒例の行事です。
マナー
冬支度
個人向けリース「フラット7」ってなに?
第33回 LANDCRUISER,S MEETING
MGミゼット レストア